AGAの主な原因とは|ハゲていると気づいたそのときに、プロペシアが役に立ちます

AGAの主な原因とは

頭を触る男性

プロペシアという治療薬こそが、AGAにすごくいい働きを見せてくれます。
ずばりハゲに悩める男性は、プロペシアを今こそ使い始めていくのが一番効果的です。
ではここでプロペシアを使う前に、AGAの原因について詳しく解説しておきたいと思います。

まずAGAの原因にはいろんなものが挙げられます。
たとえば食生活、飲酒、喫煙、あとはストレスだったり遺伝的なものまでたくさんあります。
ただそんななかでも、一番AGAの原因を作り出しているものはずばり「ホルモンバランス」だと断言できます。

男性ホルモン自体にも種類がありますが、なかでもAGAに密接に関わっているのが「テストステロン」になります。
このテストステロンというホルモンは、筋肉の発達だったり男性器の発達などを促してくれるもので、これが直接AGAに関わるわけではありません。
ただし、テストステロンが「5αリダクターゼ」という還元酵素とくっつくことにより、強力な「ジヒドロテストステロン」に化けてしまいます。
なおジヒドロテストステロンは化ける前の状態と比べて10倍以上も強くなっていたりします。
もしこのジヒドロテストステロンが髪の毛の心臓ともいえる「毛乳頭」の受容体に結びついてしまえば、脱毛症を大きく進行させてしまうのです。

プロペシアは5αリダクターゼを抑制する効果があるので、テストステロンがジヒドロテストステロンになることを防止できます。
そのためAGAに効果があるとされているのです。